小学生の子が家庭学習をしない。それって本当に困ること?

学校から帰ってくると、ゲームやスマホやタブレットで遊んでばかり。そうでなくても、最近の小学生ってめちゃくちゃ忙しかったりしますよね。習い事をしていて、帰りが7時過ぎなんていうお子さんもいます。

うちの子、家庭学習を全然しなくて困る…なんて声をよく聞きますが、その家庭学習って、子どもにとって本当に必要なことなんでしょうか。

 

家庭学習って、絶対にしなきゃダメ?

太陽(小2)
学校で勉強してきてるんだから、帰ってきたら遊びたいし、家では休みたいよ~。

そんな子どもの気持ちもわかります。

私個人の感覚ですが、今の子どもって本当に忙しそう。習い事に、お受験に、お手伝い。そして宿題。私が子どもの時って、もっとのんびりしていたような気がします。

  • ちゃんと授業が理解出来ている
  • 宿題で復習が足りている

こんな子で、特にプラスαの学習の必要がない子は宿題で十分な気がします。

ただし、

  • 授業で分からないところがあって、先に進めない
  • 進学校に進みたい、中学受験したいなど明確な目標があって努力が必要

こういった場合は、学校の授業だけでは足りませんよね。そうすると、お家で勉強をすることになると思います。

 

家庭学習=宿題?

そもそも、小学生って学校から「宿題」を出されてきますよね。

うちの子たちが通う校長先生の話だと、文科省が小学生の家庭学習時間の目安として出しているのが

「学年×時間+10分」。

この式で計算してみると

  • 1年生なら1×1+10=20分
  • 6年生なら6×1+10=70分

ということですね。

1年生なら、個人差はあるものの、宿題の量はちょうどこのくらいの時間で終わらせられる分量だと思います。

6年生なら、宿題+プラスαってところでしょうか。

学習時間の目安について、もっともっと深く掘り下げた記事はこちらです。

合わせて読んでみてくださいね。

小学生の家庭での勉強時間!目安っていったいどれくらいなの?

tomato
実際は鉛筆転がしたり、消しゴムの消しカスで練り消し作ったり集中できなくてなかなか終わらないけど~。

太陽(小2)
あー早く遊びたーい。

ということは、宿題さえやっていればOKということでしょうか。この「家庭学習」に、「宿題」は含めていいのでしょうか。

基本は宿題だけでOK!

学校の懇談会で聞いた話だと、宿題は、家で学習する習慣を身に付けるために出しているものだそうです。

だから、宿題も家庭学習のうち。

この、習慣化する。ってことがとっても大事。

お風呂だってそうですよね。

みなさん、生活の中で習慣化していると思います。入らないと気持ち悪いですよね。

だって、お風呂に入らないと、清潔を保てないから。髪や体が汚くなっちゃうし、病気の原因にもなってしまいますから。

家庭学習だって同じこと。

家でちゃんと学習する習慣が身に付けば、学校の授業も分かりやすくなります。

やっぱり、学校で1回習っただけでは覚えられません。

料理だってそうですよね。よっぽどの天才なら別ですが、初めて作る料理って、最初は人から聞いたりレシピを見ながら作ると思います。

次からはなんとなーく作れるかもしれません。

でも、ちょっと抜けてたり、たまには失敗しながら何度も繰り返し料理して身に付いていくものだと思います。

学校の勉強も一緒。繰り返し計算問題を解いたり、漢字を書いたりして身に付いていくものです。

家庭学習が習慣化すれば勉強は楽になるし、テストでいい点数が取れると嬉しい。

そして、少し難しくなっても、頑張ってみよう。という気持ちも生まれます。

tomato
宿題だけだと、早いときは10分で終わっちゃうけど…。

太陽(小2)
やったー!今日はすぐ終わったー!

長い時間学習すればいいってわけじゃありません。

この「習慣化する」ってことがいちばん大事。

太陽(小2)
宿題終わらせないと気持ち悪い~。

って思うようになったらしめたもんですよね。

宿題+αが必要な場合

  • お子さんがもう少し勉強したいと思っている。
  • 学習でつまずきがあり分からないところがあって先に進めない。
  • 中学受験を視野に入れていてもっと深い学習をしたい。

こういった場合は、宿題だけでは足りないと思います。お子さんに合わせて、家庭学習をプラスしましょう。

いずれにしても、怒られながら嫌々やるのでは意味がありません。

勉強は辛いもの。という考えが染み付いてしまいます。

家庭学習ができるようになったら、勉強も分かりやすくなって楽しくなるよ。世の中にはお母さん・お父さんが知らないこともたくさんある。ということを日頃から伝えられるといいですね。

普段の生活の中で、親御さんが仕事のことで勉強をしたり、本を読む姿を見せられるといいと思います。

rion(夫)
勉強が楽しくなったら、いろんなことを知ることが出来て、人生も楽しくなるよ。

tomato
九九をバッチリ覚えられるようになろう!

tomato
文字が読めるようになったら、いろんな面白い本が読めるよ。

rion(夫)
この学校に行って、お医者さんになりたいんだよね?

など、目的をはっきりさせて、お子さんも親御さんも楽しく学べる工夫をしていきましょう。

楽しく学習をするためのヒントを詰め込んだ記事もあります。ぜひ読んでみてください。

うちの子、勉強中に音楽聞くから調べてみたら…おすすめかも‼︎

発達障害でない、定型発達のお子さんにも役立つヒント満載です。

発達障がいの子の「宿題=癇癪」の公式を変えるには?

  • 教科書を活用した予習・復習
  • 市販のドリルや問題集
  • 家庭教師
  • 通信教育

など色々と手段はあります。

ご家庭に合ったやり方を見つけられるといいですね。

 

宿題すらやらなくて困ってる…そんな子には?

学校から出される宿題ですら、なかなかできないと嘆く親御さんも多いです。

わたしもそのうちのひとり。

  • スマホやゲーム、漫画など、遊びたい誘惑が多い。
  • 集中力が続かない、宿題をやりたがらない。
  • 親が忙しくて宿題を見られない。

などなど、原因は様々ですが、中には宿題を忘れても平気。全然恥ずかしくない。ってツワモノのお子さんもいらっしゃいますよね。

こういったお子さんには、宿題をすることの大切さを淡々と切々に伝えていくことが必要かと思いますが…

やっぱり、勉強を「言われてやるもの」・「辛いもの」と思っているうちは中々手強いです。

宿題は大切なもの。と教えることも大事ですが、こういった手強いお子さんには、いったん諦めの気持ちを持ってみましょう。

といっても、やらなくていいよ。と放り出すわけではありません。

なかなか言うことを聞いてくれないと、こちらがイライラして感情的になりがちです。

かつての私がそうでした。いや、今もそうですね。

親として、子どもに宿題をやらせなければいけない。という強迫観念にはじまり、そのうち、いつの間にか先生から注意されるから。と、子どもではなく自分の評価を気にしてしまっていました。

そうすると、当然子どもには関係ないわけですから、感情的になって「宿題しなさーい!!」と怒っても無意味。かえって逆効果なわけです。

どんなに頑張っても出来なかったときは、連絡帳に書くなり、先生に相談するなりしてみましょう。

どうしても、我が子にとって宿題の量が多いと感じた場合は、減らしてほしいと相談するのも手かもしれません。

お子さんによって個人差はありますが、担任の先生は、クラスの全ての子に無理にならない量を出してくれるはずです。

私も先日、「土曜日は午前中料理をして、午後は児童館で目一杯遊び、日曜はお絵描きに夢中で宿題ができませんでした。申し訳ありません。でも上履き洗いと部屋の掃除はしてくれました。来週は宿題も頑張るように伝えていきます。」と長男の連絡帳に書いたところでした。

そうすると、「お手伝いがんばったね!宿題も頑張ってね!」と担任の先生から返事が来ました。

意外とお咎めされないものです。

まだ低学年だからということもあるかもしれません。

だからといって、ずーっと宿題をしないというのも困り者ですし、「宿題なんかしなくていいよ!」とも言えませんよね。

ただ、お子さんにとって、大切なのは家庭学習の習慣化と、楽しんで勉強ができるようになることだと思います。

宿題はそのための手段のひとつ。と割り切って考えることが必要かもしれませんね。

イライラしたら、こちらの記事も読んでみてください。

子どもが勉強しないとイライラ…そのイライラ。必要ですか?

小学生って宿題にこんな時間がかかるの?子どものタイプ別対策とは

 

まとめ

うちの子、家庭学習をしないんだよね。このままで大丈夫かな?と悩む親御さんも多いと思います。

でも、もっと学習の理解を深めたいとか、進学校に進みたいとかいう目的がない限りは学校の宿題だけでOK。と私は考えます。

勉強が楽しいと感じ、もっと学びたいと思う子は自分から率先して勉強します。歴史が好きな子だったら、自分で図書館から偉人の伝記などを借りてきて読んだり。辞典などで調べたり。

親としては、そういう風に、楽しく学習できる環境を整えてあげたいですね。

もし、お子さんが「進学校に進みたい!」「お医者さんになりたい!」と思えば、その目的のためにお家でも学習をするでしょう。

そういった場合は

  • 教科書を活用した予習・復習
  • 市販のドリルや問題集
  • 家庭教師
  • 通信教育

などから、お子さんに合った手段を選んであげてくださいね。

 

2 件のコメント

  • 記事拝見させていただきました。
    執者様の別記事でもコメントさせていただいた綾部です。私のコメントにしっかりとしたご返信をいただき、他の記事にも興味を持ち、今回こちらを読ませていただきました。
    私にも小学生の子供がおり、日々の学習について、子供の将来について等考えさせられる事は多々あります。
    そんな中、私も子供の勉強について書かせていてだいた事があるんです。
    執者様は、今の若者や子供達の学力が国際的に低下している事はご存知ですか?そして、その事に関してはどのように思われますか?
    日本はけして、国際的に頭が悪い方の国ではないとは思います。
    ですが、私は学力はないよりもあるに越した事はないものだと考えます。
    私は仕事をしていますので、けして時間的に余裕があるわけではありませんが、子供が就学してからはどんなに忙しくても、毎日子供が学校の授業で受けてきた学習内容を教科書とノートを見て確認しているのですが、それや授業参観時の授業内容を拝見しても、こんな悠長な授業(学習内容)をしていて大丈夫なんだろうかと、疑問や不安を抱いてしまっているのが正直なところです。
    クラスの中で授業に遅れていく子が極力出ないようにという現在の学校教育の進め方については反対はなく、むしろ良いことだとは思っています。それに、執者様のお考えにもあるように、私も勉強は嫌々無理にやらされたところで身になるものではなく、むしろ勉強・学習に対して良くないイメージばかりを抱かせるだけに過ぎず、逆効果だとは思います。
    ですが、ゆとり教育以降の現在の学校教育は、脱ゆとり教育と言われてはいますが、これでは学力が低下していっても致し方ないかなとも思ってしまうのが正直なところでもあります。
    私の子供の学校では、家庭学習を推奨しているといいますか、わりと家庭学習をしっかりさせるようにというような学校ではあるのですが、私自身もこれでは家庭学習が絶対的に必要なのは当然だと考えてしまいます。勿論、宿題も出ますが、その宿題とは別に家庭学習をという事なのです。
    子供の学習に親が介入する事の影響力の大きさについて書かれている記事を読んだ事があるのですが、それ以前から自分の子供の学習をみた時点で、私も親が子供の学習に大いに介入し、自分の子供の実力の把握と自分も一緒に学習する姿勢が大変必要で重要であると考えました。
    例えば、医者になりたいと思っている子供がいるとします。ではその子はその時点でどれ程の勉強が必要なのかまでしっかり理解出来ているのでしょうか。初めから医者になりたいから勉強しようと率先して勉強するのでしょうかと考えてしまいます。
    学校教育は家庭での教育とも合わせて、子供達がどのタイミングで将来どんな道に進む選択をしたとしても進んでいく事が出来る限り可能なように導く事も必要なのではないでしょうか。勿論、さまざまな事情で自分が望む道に進んでいけない子もいるでしょう。あくまでもどんな希望を持っても可能性が増やせるようにという事です。
    学校や大人が、医者になりたい人や進学校に進みたい人だけは好きに勉強しなさい、勝手に勉強しなさい、どんどん勉強しないさいとも取れる教え、導きをするのは少し違うのではないのかと思います。
    誰だって、苦労なんてしたいものではありません、楽に済ませられるならそれに越したことはありません、面倒くさい事、楽しくない事を率先してやりたい人などそうはいないものだと思います。
    しかし、それで良いのか、将来を担った子供達を育てる親として大変考えさせられてしまいますよね。
    私も子育て中の身にある為、さまざまな意見を聞けると良いなと考えています。
    ぜひご意見いただければ有難いです。

    • 綾部様

      コメントありがとうございます。ひと記事だけでなく、こちらの記事も読んでいただいたこと、また、私の記事を読んでしっかり考えご意見を寄せてくださったこと、嬉しく思います。

      こちらの都合で返信が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。

      私自身の意見としましては、日本の子供の学力の低下について正直、綾部様ほど危機感を抱いておりません。
      自分自身の周りの子供たちや、ニュースなどのメディアを見ていて、全体的に学力が落ちているのかなぁ。となんとなく感覚として感じてはいますが、きちんとした目的を持って勉学や自分の将来の夢に向かって努力を続けている子も確かにいます。

      子供の教科書や課題を見ていて、自分の頃よりもゆるいかな、とか、重要視するポイントとか、教え方とかが変わってきたかな、という実感もあります。それはやはり、世界が変わっているからだと思います。
      今の子供たちが大人になるころには、AIの進歩により、今は無い職業が新たにできたり、今ある仕事がなくなると言われていますよね。そのため、先が予測困難な世の中になっても、これからの子供たちには生きる力、人間力をつけることが大切だと言われています。

      学習指導要領も来年度からどんどん変わっていくそうです。そんな中で、やはり、親としては学校や塾任せにせず学習をサポートしたいと思います。
      私が伝えたいのは、
      勉強は楽しいということ
      知るということ
      意欲を持ってたくさんのことを学ぶということ
      たくさんの情報を整理する力をつけること
      自分の世界を広げるということ
      それは、先ほど述べた生きる力や人間力に繋がると思うからです。

      綾部様がおっしゃったように、医者になりたいという子には、どうしたらなれるのか、何をしなくてはいけないのか、ちゃんと伝えて、また、夢を叶えるための環境を整えてあげることやサポートが必要ですよね。やはり、そのためには学校や塾よりも家庭での親の力が重要になってくると思います。そこは激しく同意します。その通りだと思います。

      我が子は現在、将来の夢というのはぼんやりしているようですが、一応「これになりたい」という職業があります。ですので、応援したいと思いますし、ちゃんとサポートができるように、学力うんぬんよりも、まずは普段から会話をしたり、子供の声に耳を傾けることが今は一番大切かな。と思っています。

      まとまらない回答で申し訳ありません。
      記事を読んでいただき、また、コメント本当にありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です